三重県鈴鹿市の葬儀屋(人気の葬儀社・葬儀場)

葬儀場一覧 > 家族葬への参列
家族葬への参列

"最近では、故人の遺志を尊重し、お通夜や葬儀の行い方も多様化しています。
お通夜と告別式を一日にまとめて行う方もいますし、葬儀自体を行わない方もいます。
生前葬をして、自分とかかわりのあった人々とお別れをする方もいるようです。
そして、最近多いのが「家族葬」という形式です。
家族層と言われると、参列するかしないかで迷うことがあります。
例えば、会社の同僚のお父様が亡くなり、葬儀は家族葬で行うとの連絡が来た場合、会社として、何もしなくて良いのかと迷います。
私の勤務先では、社員の家族が無くなった場合、所属部署や人事部から手伝いを出すのが慣例となっています。
そして、所属部署の代表者がお香典を持参するというのが通常でした。
家族葬というのは、生前に関わりのあった方々に迷惑をかけないという、故人や遺族の方の配慮から行われる場合もあります。
ご配慮に甘んじて何もしないのも申し訳ない気がしますし、無理に押しかけてかえってご迷惑になるのも申し訳ないです。
デリケートな問題で、悩ましいです。"

関連エントリー
Copyright ©  三重県鈴鹿市の葬儀屋(人気の葬儀社・葬儀場) All Rights Reserved.