三重県鈴鹿市の葬儀屋(人気の葬儀社・葬儀場)

葬儀場一覧 > 通夜、葬式の席で困ったこと
通夜、葬式の席で困ったこと

"かなり昔のお話しになりますが、母方のおじいさんのお葬式の時です。
私は当時、子どもでした。そして、正座と静かに神妙にが大の苦手でした。
そこで、おじいさんの生前に付き合いのあった知り合いや、親戚連中などが結構な人数集まりました。
沢山のお布施を積んだのか、おじいちゃんが偉大な人物だったのかはわかりません。
しかしながらその坊主の数の多い事、多い事、金銀、紫や橙色など様々な袈裟を着た坊主どもが集まり、まるで七夕の短冊の様です。
そしてシーンと静まりかえった所に、わけのわからないお経の文句が始まります。
参列者はみんな泣いているか神妙な顔をして、それを聞いています。
ただでさえも笑えるところなのに、そこでチーン、チーンと鐘の音が聞こえます。
息を殺したり息を止めたりしていましたが、もう限界です!
みなさんは経験ないですか?鬼ごっこをしていて隠れていて時に、間抜け面をした鬼が近くを通って行った時に、思わず笑ってしまい見つかってしまったことが…。
まさにそれと同じでゲラゲラと笑ってしまい、逃げて行こうとしたら足がしびれて四つん這いになり、まるでぜんまい仕掛けのオモチャのようになりました。"

関連エントリー
Copyright ©  三重県鈴鹿市の葬儀屋(人気の葬儀社・葬儀場) All Rights Reserved.