三重県鈴鹿市の葬儀屋(人気の葬儀社・葬儀場)

葬儀場一覧 > 葬儀の形式に注意
葬儀の形式に注意

日本にはさまざまな宗教があります。大多数が仏教ではありますが、その仏教の中でもいくつかの宗派に分かれているため、葬儀の内容が宗派によって細かく違いが出てくるということもあるのです。葬儀会社を利用して葬儀を行う場合は、まずその葬儀会社が自分たちの葬儀形式に対応しているのかを確認しておく必要があります。

よほどのことがない限りは対応できないということはありませんが、事前に打ち合わせをしておかなければいけないことはたくさんあるので、近く葬儀の必要性があると感じたのなら、葬儀会社に相談するようにしてください。日本でもっとも多くおこなわれている葬儀は仏式のものです。

仏式の葬儀では基本的に香を使用します。一般的に葬式のマナーとして紹介されるもののほとんどは、仏式に則ったものが前提となっているため、すぐに調べることができるでしょう。日本で仏式の葬儀の次に多くとりおこなわれているのが神式の葬儀です。神式の葬儀は葬場祭(神葬祭)と呼ばれており、仏式と同様に葬儀と告別式を兼ねて行います。神式の場合は仏式のように冥福や成仏という言葉は使わず、香典は御霊前や玉串料などと書くようになるので覚えておいてください。

キリスト教式の場合は、故人を神の手に委ねるに当たっての神への礼拝という形式のため、死者の供養とは考えません。故人が礼拝の対象とはなっていないため、遺影や遺体に手を合わせるということがないため、仏式の葬儀に慣れている方はとまどうかもしれません。香典に関しても御花料とするのが一般的なので覚えておいてください。葬儀の形式について代表的なものをまとめましたが、これら以外にも色々と注意しなければいけないことがあるので、気になるものは調べておきましょう。

関連エントリー
Copyright ©  三重県鈴鹿市の葬儀屋(人気の葬儀社・葬儀場) All Rights Reserved.