三重県鈴鹿市の葬儀屋(人気の葬儀社・葬儀場)

葬儀場一覧 > 葬儀直後の儀礼
葬儀直後の儀礼

葬儀は、いわゆる葬式だけを済ませたらおしまいというものではありません。葬儀直後にもさまざまな儀礼があるのです。基本的には葬儀社で説明を受けるものですが、知識として知っておいて損はありません。葬儀とはどういうものかを知っていても、具体的にどうとり行うのかを知らないという方が多くいるので、葬儀のことは全体の流れもふくめて覚えておくようにしましょう。

葬儀の後火葬が行われ、その後還骨法要が行われます。これは自宅・斎場などで遺骨を安置して行う儀礼です。神道では帰家祭と言うので覚えておきましょう。仏教ではこの後初七日の法要があります。本来は死亡当日を入れて七日目におこなわれるものですが、最近では葬儀の日に繰り上げて行うことが多くなりました。これは再び親族が集まることの負担を考えてできあがった流れのようです。親族が近くに住んでいるのならともかく、遠地から来るという方もいるでしょう。そういう方でも参加しやすいように配慮されているのです。

葬儀当日の最後の法事後は会食が行われます。これは死者を中心とした最後の飲食を通じた別れの席と、葬儀を手伝ってくれた方へのお礼を振る舞うという2つの意味があるものです。どういう形式にするかは自由で、立食で行われることもあります。葬儀終了後には祭壇を片付け、自宅に四十九日用の簡単な後飾りをつけます。この部分は基本的に葬儀社が設営してくれるので、任せておけば問題ありません。葬儀直後の儀礼にもこれだけのものがあります。今後葬儀を行う可能性があるという場合は、これらのことも頭の中に入れておきましょう。

関連エントリー
Copyright ©  三重県鈴鹿市の葬儀屋(人気の葬儀社・葬儀場) All Rights Reserved.