三重県鈴鹿市の葬儀屋(人気の葬儀社・葬儀場)

葬儀場一覧 > 葬儀での服装
葬儀での服装

葬儀に参列する時には、服装にも気をつけなければいけません。おそらく多くの方が黒なら大丈夫という認識かもしれませんが、葬儀での服装にも作法があるので改めて勉強しておきましょう。

男性の場合、ダークスーツ、白シャツ、黒のネクタイ、黒の靴下、黒の靴と簡単にまとめることができるので、それほど気を遣う必要はありません。訃報(ふほう)を聞いて急いで駆けつける場合は、喪服ではなく地味な平服でも構いません。もちろん時間的に余裕があるなら喪服の方が良いでしょう。シャツ以外は黒にしておけば大丈夫と覚えておきましょう。

女性の場合は、黒・紺・茶などの地味なスーツかワンピース、黒の靴、黒、または肌色のストッキング、肌の露出はさけるようにするということが、葬儀での服装です。できるだけ地味でシンプルなものを選ぶようにすると良いでしょう。メイクをする時にも派手にしすぎず、マニュキアも目立たない程度なら大丈夫です。アクセサリーは結婚指輪以外身につけないのがマナーですが、真珠のネックレスを身につける場合は必ず1連のものにしてください。

2連のものにすると「重なる」という意味を持つので、弔事では厳禁なのです。殺生を連想させる毛皮のコートを避けて、光沢のあるものもやめておきましょう。男性に比べると制限が多く感じられますが、元々女性の場合は男性よりも選択肢が多いためそう感じられるのです。基本的には派手にならず地味なものでまとめ、何をしてはいけないのかを覚えておきましょう。

関連エントリー
Copyright ©  三重県鈴鹿市の葬儀屋(人気の葬儀社・葬儀場) All Rights Reserved.