三重県鈴鹿市の葬儀屋(人気の葬儀社・葬儀場)

葬儀場一覧 > 一般的な葬儀の流れ
一般的な葬儀の流れ

実際に葬儀を行う時に、どういう流れでとりおこなわれるのかは、前もって知っておいた方がよいでしょう。その時になって説明があるとは思いますが、事前に葬儀の流れを知っておけば、柔軟に対応することができるからです。

葬儀の流れがはじまるのは臨終からです。基本的には自宅・病院で亡くなられるので、その後医師から臨終を告げられたら、末期の水を身内の方でおこないます。その後葬儀会社に搬送することになりますが、まだこの時点でどこの葬儀社にするのか決めていないということがあるかもしれませんが、そうならないように事前見積だけでも前もって葬儀社にお願いしておくと良いでしょう。その後葬儀社に搬送し、遺体安置と枕飾りをおこない、葬儀の打ち合わせへと入ります。

喪主・世話役は誰になるのか、日取りはどうするのか、葬儀の型式はどうなのかなどを決めて、葬式の準備を整えます。そして親戚・勤務先・近所への連絡をして納棺へと移ります。この時には死亡届や火葬許可書はもらっておくようにしましょう。そして通夜をおこない、葬儀・告別式をおこない出棺します。火葬・収骨を終えたら初七日をおこない、四十九日法要で納骨をします。簡単な説明ではありますが、これが一般的な葬儀の流れです。

葬儀の詳しい内容などは宗派によって変わるのでここでは割愛します。葬儀に参列したことがあるという経験があっても、実際に葬儀を行う時にはこれだけのことが必要になるというのは、意外と知らない方が多くいます。悲しみはあるものの、なるべくスムーズに進められるように、概要くらいは覚えておきましょう。

関連エントリー
Copyright ©  三重県鈴鹿市の葬儀屋(人気の葬儀社・葬儀場) All Rights Reserved.