三重県鈴鹿市の葬儀屋(人気の葬儀社・葬儀場)

葬儀場一覧 > 葬儀のマナー
葬儀のマナー

葬儀のマナーはどういうものかと聞かれても、すぐに答えることができない方は多くいます。葬儀は頻繁に参加するものではないので、とりあえず相手に対して失礼がないようにして、他の人に合わせていればなんとかなると考えている方もいるのではないでしょうか。確かにそれで乗り切ることはできるかもしれませんが、できることなら葬儀のマナーはしっかりと覚えておきましょう。

通夜に参加する場合にも気をつけておかなければいけないことはたくさんあります。通夜に弔問する場合には「このたびはご愁傷様でした。心からお悔やみ申し上げます。」などとお悔やみの言葉を遺族にかけましょう。ちなみに通夜の場合は受付がないので、香典は表書きが自分側を正面にして、祭壇に供えるようにします。受付があるならそちらに渡すのですが「御霊前にお供えください」と伝えるようにしましょう。

葬儀でのマナーも基本的に同様のものですが、そこでもマナーは重要です。遺族の方にとっては重要なものです。葬儀・告別式・通夜ではしていけないことをいくつかまとめておくので、最低でもこれらのことは守るようにしてください。通夜ぶるまいを遠慮してはいけません。かといって通夜ぶるまいでお酒を飲み過ぎて盛り上がってしまってもいけません。それと同様に、あまり明るすぎる表情をするのも失礼にあたります。居眠りをしたり携帯電話を鳴らしたりするなどはもっての他です。

これらのマナーは大人ならできて当たり前の最低限のことですが、忘れてしまう方もいるのです。葬儀とはどういうものなのかを意識して、マナー違反がないようにしましょう。

関連エントリー
Copyright ©  三重県鈴鹿市の葬儀屋(人気の葬儀社・葬儀場) All Rights Reserved.