三重県鈴鹿市の葬儀屋(人気の葬儀社・葬儀場)

葬儀場一覧 > つらかった初めての妊娠
つらかった初めての妊娠

"私が結婚したのは24歳の時です。
そして、1年後待望の妊娠が発覚しました。
母になる不安や期待、家族が増える希望で満ち溢れていました。

しかし、それから1週間もするとつわりが始まりました。
もうなんというかこの世の地獄です。すべての物の匂いが嫌で、うっかり嗅いでしまうと
吐き気でトイレに直行です。
普段と見かけが変わらないので、周りの人がつわりは甘えだよ、とか気持ち悪いと思うから
余計に気持ち悪くなるんだから!と言われて、あなたに何がわかるんだ、とかなりネガティブな
気持ちにもなりました。

私はこの妊娠を含めて3回つわりを経験しましたが、この最初の妊娠の時のつわりは
あとの2回と比べると信じられないくらいひどかったです。
立っていたらクラクラと目が回り、数えきれないほどトイレに駆け込みました。
それがこのあとの結果につながったのかもしれません。

ある日曜日、買い物に出かけた私は猛烈な腹痛に襲われました。
そして、あっけなくお腹の赤ちゃんが死んでしまったのです。

初めての妊娠は、本当につらく悲しい思い出として残ってしまいました。
今は娘と息子に恵まれ幸せに暮らしていますが、毎年水子地蔵に手を合わせにお参りに行っています。"

関連エントリー
Copyright ©  三重県鈴鹿市の葬儀屋(人気の葬儀社・葬儀場) All Rights Reserved.